『奇跡講座』をめぐって、2~3年前から、日本で、とても新鮮で、深く、新しい動きが出現しはじめています。 

 

 

 

一連の奇跡やシンクロニシティが続いた後、現代の神秘家として知られるカースティン·バクストンさんは、そろそろ日本からの招待に応え、イエスの深い形而上学と教えをシェアするためにツアーする時が来たと感じました。 

 

 

 

カースティン·バクストンさんは、『奇跡講座』で示されたイエスのメッセージの生きた見本であり、スピリットへの純粋な献身のシンボルといえます。 

 

 

 

それとともに次第に明らかになってきたことがあります。カースティンさんのこのツアーは、この新しい『奇跡講座』をめぐる動きとともに、記録され、フィルムに収められるべきだということです。またこの撮影は、日本で、10月、11月を通して、なされるべきだということです。 

 

 

 

このドキュメンタリーのゴールは、イエスがどのように日本中で人々とともに働いており、彼らの日々の生活を導いているのか、また、人々がいかにして、イエスのメッセージをサポートしたり、奉仕したいという呼びかけや欲求を、ますます感じているようになってきているかを示すことです。 

 

 

 

このドキュメンタリーの目的は、日本中に出現している、こうしたすべての献身を映し出すことです。それはさまざまな人々の証言や、人生が変わった体験、奇跡や赦しの物語を録画し、とらえることによって、なされるでしょう。

 

                                                                          ストーリー        >>>